シーリングワックス?封蠟?値段は?

おうち遊び

はじめに

最近よく耳にするシーリングワックスをご存じですか?

SNSを中心に取り上げられていることも多いシーリングワックスですが、自粛期間中の遊びや趣味にぴったりそうだということで今回紹介させていただきます。

シーリングワックスとは

ヨーロッパにおいて、手紙の封筒や文書に封印を施したり、主に瓶などの容器を密封したりするために用いる蝋である。

Wikipediaより

和名で言うと封蠟(ふうろう)と言います。

実際にどのようなものかというと

このように様々なデザインと色で作れるものになっています!

ヨーロッパでは知名度もあるようですが日本ではあまりなじみがないものかもしれませんね。

このように手紙などの封を閉じるときに用いられるもので映画などで見たことのある方も多いのではないでしょうか。

必要なものは?

基本的に必要なものは

・シーリングスタンプ

・シーリングワックス(蝋)

となっています。

また蝋を溶かすときに必要なものとして

・スプーン(中に入れて蝋を熱する)

・ろうそく(熱を加えるために利用)

となっています。

必要な道具に関しての詳しい情報に関しては「シーリングスタンプと過ごす時間」さんのサイトに詳しく記載されていましたのでこちらをご確認ください!

いくらくらいかかるの?

シーリングワックス(蝋)はAmazonにて600粒で2500円程度でした。

大体の相場の平均は2000円~3000円程度でしょう。

しかし蝋の色によっては相場と比較して高額なものもあるので自身のニーズとすり合わせた購入が好ましいです。

次にシーリングワックスを押すシーリングスタンプです。

Amazonでは6種類の柄が付け替えられて、2300円程度で販売されていました。

熱するのに必要なスプーンやろうそくは自宅でも用意できるものと考えれば5000円程度からで始められる趣味でしょう。

ぐぬぬ…5000円…高い…

そう思われる方はダイソーにもシーリングスタンプやシーリングワックスなどが売られているようですよ!各100円で売っているようなのでお試しでやりたい方にはいいかもしれません!

実際にダイソーのシーリングスタンプを使用した方のブログをこちらに載せておきますので参考にどうぞ!

おわりに

どうでしょうか。自粛期間にシーリングワックス!

普段はLINEやメールでやり取りしている人も時には手紙を送ってみては?

その時にシーリングスタンプを使ったりしたらめちゃくちゃおしゃれですよね。

蝋を混ぜたりしてオリジナルのシーリングスタンプをすれば気分は爆上がりですよね!

ぜひやってみてはいかがでしょうか!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました